1.睡眠の質って思ったよりも大切

なんとなく体調がすぐれないという事を感じている方も多いのではないでしょうか。
特に問題がなく手も調子が悪いというときにチェックしてみたいのが睡眠の質です。

なんとなくだるいという方や疲れが抜けないという方は、しっかり眠れていないことが多いものです。
昼間でも眠さを感じたりしてしまうのはしっかり眠れていないからですし、肩や首が疲れているのは寝ている姿勢が不自然になっている可能性があります。

私たちは人生の中で多くの時間を睡眠に当てています。
その睡眠の環境が良くなければ活動の質も悪くなってしまい、人生において大きなマイナスの影響を与えてしまうことになるのです。

日常活動する環境に気を遣っていく以上に、睡眠の環境についても整えていくように努力をしていきたいものです。

特に注意しておきたいのが枕についてです。
私たちの頭はそれなりの重さがありますし、横になる時に肩との間で段差が生まれます。

そこで不自然な姿勢になってしまうと、首をはじめとしたあらゆる部分で負担がかかってしまい、様々な体の不調に繋がってしまうことがあります。
特に寝違えて首が痛いという事を多く経験している方は、こうした負担が大きくかかっているのかもしれません。

2.使っている枕を今一度見直してみませんか?

そうでなくてもしっかり睡眠時間をとっているはずなのに眠いという場合には、体が不自然な状態になっていて深い眠りに入れていないという事もあるかもしれないのです。

しっかり眠って活力を取り戻していくために、ぜひ睡眠の際に利用する枕にはこだわっていくようにしましょう。

※おすすめの枕はこちら→安眠枕

市販のものでぴったり合うという場合にはそれでよいのですが、人によって体の形は異なりますから、みんなにあう形というものはなかなか見つからないものです。

特にどの商品がおすすめという事はないので、いくつか試してみて自分にあったものを選んでいくのが良いでしょう。
特に高さは重要なポイントとなりますが、実際に利用してみないと使い心地は分かりにくいものです。

今まで利用していた物や過去に利用していたものなどを見て、どれぐらいの高さが良いかをチェックしてみましょう。

今より高いほうが良いと感じれば高めのものを、低い方が良いと感じれば低めのものをという形で、今のものを基準として高さを見ていくと決めやすくなるでしょう。

3.高さなどを調整できる枕を選ぶのもひとつの方法

しかし、形や高さがどうしても決められないという場合もあるでしょう。
そういった場合には調整できる形の枕を選ぶという事も一つの方法です。

最近は内容物を調整出来て高さを自分好みにできる商品が増えていますので、どの高さが良いかわからない方はこうしたものを選びましょう。
実際に使いながら適した高さを探っていくことが出来るようになります。

迷ってしまう方はぜひこうした形で利用してみてください。

もし、今の枕をそのまま利用したいという場合には、タオルなどを重ねて高さを調整していくという方法もあります。
高いと感じている場合にはタオルだけを重ねて、今の状態では低いなら枕の下にタオルを重ねて使ってみましょう。

これならお金もかかりませんし、少しの高さの調整もしやすくなるのでまずはこのような形で確かめていくとよいでしょう。
そうして適した高さで快適に利用できるならそのまま利用していてもよいですし、高さがわかったらそれに合わせた商品を購入するという事もできます。

今日からすぐに始めることが出来ますので、ぜひ挑戦してみてください。

4.専門店で計測してもらって自分に合った枕を購入する

自分ではどの高さが良いか判断しにくいという方も中には専門店で計測してもらって購入するという方法があります。
頭の形や肩幅などは人によって異なり、それによって首のカーブも異なります。

それに合わせた形でないとしっかり頭を支えることが出来なくなります。
そこをしっかり計測してもらい、それに合わせたものをオーダーで作ってもらうのです。

もちろん一般的な市販品よりは高額になりますが、自分にあったものを作ることが出来るという事は大きな魅力です。

それほど頻繁に買い替えるものではありませんし、睡眠が人生に与える影響は非常に大きなものとなりますから、必要な出費ととらえて挑戦してみるのがおすすめです。

これまでたくさん買い替えてきたけれど自分にあったものが見つからなかったという方は特に、こうした形で客観的に計測してもらったものを利用してみるとよいかもしれません。

また、高さを考えるときには布団などの状態もチェックしておきたいものです。
柔らかいものはそれだけ沈み込みますから、必要な高さが変わってくることもあるのです。

いつも使っている枕が合わなくなったという場合に、布団などを変えていないかチェックしましょう。
もし布団やマットレスを変更したのであれば、それに合わせたものを選んでいく必要があるからです。

こうした点についても注意しながら選んでいくようにしたいものです。
より良い眠りのために、妥協をせず良い眠りにいざなってくれるものを選んでいきましょう。